夫の浮気を見破る方法は?浮気が疑われた時に妻がすべき行動は?

夫 浮気 見破る

恋ナビ管理人のミソラです。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

夫 浮気 見破る
出典:http://fu-rin.com/post-604/

男は浮気をする生き物であるとは、昔からよく言われてきた言葉です。

浮気で家庭が崩壊したり離婚するケースは数多いです。

トラブルは初期対応が大事である事は常識ですが、トラブル自体がなければ初期対応をする事もありません。

つまり、浮気というトラブルが起きる前に対処すべき事が大事だといえます。

しかし、どんなに気をつけていてもトラブルが起きてしまうのが世の常というもの。

ひょっとしたら、あなたの夫も浮気中華もしれません。今回は、浮気を見破るテクニックを、その対処方法について記事にしました。

スポンサーリンク

浮気を見破るチェック10項目!

夫 浮気 見破る

1 携帯メールが全消去されている
2 お小遣いアップを要求してくる
3 クレジットカードやキャッシングを利用するようになった
4 携帯にロックがかかっている
5 家でも携帯を常に持ち歩くようになった
6 まめに洗車をするようになった
7 ガソリン代が増えてきた
8 車内に夫婦以外の持ち物(小物やCDなど)がおいてある
9 パソコンにパスワードが設定してある
10 パソコンを貸すことを嫌がる

スポンサーリンク

浮気が疑われた時にすべき行動

夫 浮気 見破る
出典:http://www.okinawa-detective.com/

まずは浮気が事実であるかどうかを確認する事が必要です。

女のカンは鋭いといいますが、カンが外れる事もよくあります。

あくまで客観的事実に基づいて浮気の事実を判断することが大事です。

感情だけで行動してトラブルになって気まずくなって、そのまま離婚につながるケースもあるのです。

浮気を疑ったのなら、浮気の信憑性を確かめる為に証拠を集めていきましょう。

携帯を常に持ち歩くようになっていないか、携帯にロックをかけるようにしていないか、外出や宿泊が増えていないかなど、紙に書いてチェックしましょう。

事実と付き合わせながら、浮気をしているかどうか確かめていくのです。

夫が仕事や同僚との付き合いを言い訳にした時は、実際に同僚の人に聞いて確かめてみましょう。

一つ一つ事実を積み重ねて真実に迫っていくのです。場合によっては探偵を雇ってプロの調査をお願いしてもいいかもしてません。浮気が事実であるか勘違いであるか、しっかりと確かめましょう。

>>探偵事務所に相談してみる

浮気が確定した時にすべき行動

夫 浮気 見破る
出典:http://bizlady.jp/archives/8737

浮気が事実であって欲しくないと願いつつ、最終的に夫が浮気をしている事が発覚してしまいました。

こんな時に妻であるあなたはどのように行動すればいいのでしょうか?

不倫の事実を知ってしまった時、大抵の人はどうしようもない怒りと悲しみに襲われてしまいます。

また、不倫を知った瞬間、夫に離婚を言い渡したり、旦那に罵詈雑言を浴びせたりする人もいます。

でも、感情的になるばかりでは、何も解決しません。現実を見据えて物事を解決していかなければならないのです。

夫の不倫をどう捉えるかはその人次第です。夫と離婚を考える人、夫の浮気を許してあげる人、その人によってこれからの未来は変わります。

夫と離婚を考える人は、まず証拠を集める事です。そして、探偵を雇って浮気の具体的な証拠を集めたりするのもいいでしょう。

そして、弁護士に相談したりして、離婚をする為の準備をします。

離婚する人もそうでない人も生活をしていかなければなりません。

離婚後の生活費の確保を考えたりする必要があります。

また、夫が浮気相手に使うために借金をしたならば、その返済を考えなければなりません。

いずれにしても、浮気を知ったら、これからの未来を考えて行動することが大切になってくるのです。

こちらの記事も人気です!

>>探偵事務所に相談してみる<<

>>離婚の理由ランキング 浮気?お金?それとも○○○!?

>>夫の浮気には兆候がる 浮気の兆候をランキングチェック!?

>>夫の浮気で離婚 後悔しないために注意すべき5つの事!

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございます。

koi-navi.netでは、恋する女子を応援するための情報を日々お伝えしていきます♪

もし、記事が気に入って頂けましたら気軽にSNSでの拡散をお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>